企業情報 Corporate Information

トップメッセージ

トップメッセージ

代表取締役社長 浅井克也
NGKフィルテック株式会社
代表取締役社長
浅井克也

トップメーカーとして
高品質かつ最新の分離膜システムを
提供し続けます

高度な膜技術とエンジニアリング力で
社会を支える「縁の下の力持ち」に

私たちNGKフィルテックは、1991年に日本ガイシ株式会社とアルバックサービス株式会社(現 アルバックテクノ株式会社)の共同出資により設立された、分離膜システムの総合エンジニアリングメーカーです。
分離膜とは、液体や気体の中に含まれている物質や粒子をろ過したり除去したりする装置のこと。セラミックスに代表される無機材料を用いた日本ガイシの無機膜技術と、膜技術の先駆的企業であるアルバックテクノの有機膜技術を融合し、無機膜と有機膜の両方を扱えるのは、国内で唯一、私たちだけです。この独自の技術を駆使して、革新的な分離膜システムの提供に努めています。
医薬、食品、電子部品…。私たちの分離膜システムは、さまざまな分野で活用されています。
中でも医薬用水設備は国内において高いシェアを維持し、創業から長年にわたって培ってきた膜技術とエンジニアリング力で、大手製薬会社をはじめ多くの医薬品メーカーに、薬の製造に欠かせない純度の高い水を提供しています。私たちはいわば「縁の下の力持ち」。影になって社会を下支えしているのです。
私たちは「お客様第一」という考えのもと、品質にこだわり安全性や信頼性、利便性の高い製品を納入してきました。これからも、さらなる品質向上を目指し、あらゆる産業分野で役に立つ高品質かつ最新の分離膜システムを提供し続けていきます。